ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
松本にて  松本城と城下町〜郷愁〜 
松本市は大きいのですが松本城を中心とした城下町は、かなりギュギュッと中心に集まっているようです。故郷盛岡のお城と古い街が残るエリアのぱらぱらとした感じに比べてですが。旅先にいつも城下町や蔵、旧家を選ぶのは、興味深いし、懐かしい、落ちつく、生まれた街に近いものがあるからでしょう。

a0086995_196514.jpg

お堀にはまだ幾つか蓮の花が咲いていました。そのお堀をわてってすぐ左に天守閣に入る赤い橋。その右奥に松本市博物館(以前は民族資料館)が配されています。

余談ですが、帰宅して読み直した「からくりからくさ」にはこんなシーンがあり、ますます確信が深まります。
—城の資料館というのは蓮の群生で有名なお堀を渡り、二手に分かれた砂利道を指示板通り右に言ったところにあった。ちなみに左は天守閣へ向かう道である。—

a0086995_19251834.jpg

お城をでて女鳥羽川へ向かっていくと程なく「ナワテ通り」に到着です。
明治以降に松本城の外堀を埋め立て、多くの露店がならんでいたのに発するようです。
2001年に全面改装した昔の町並みを再現した商店街。(改装前は普通の建物だったのかしら??)蛙モチーフがいたるところにぴょこぴょこみぴょこぴょこ。蛙と女鳥羽川の向こう側が「中町商店街」です。

a0086995_19505417.jpg

中町・蔵シック館」は無料で内部を見学できます。
タタキの上は立派な梁が天窓まで吹き抜けてで見ることができて圧巻です。
明治21に建てられた「大禮酒造」の母屋・土蔵・離れを現地に移築したものだそう。
中町通りは土蔵造りの町並みがつづいています。


a0086995_2021690.jpg

なまこ壁(黒に白の模様)の蔵は大火の被害を抑えるためです。
(川越の町並みもそうでしたね。)
松本民芸家具の「中央民芸 ショールーム」もあります。

こうして思うのは、移築してきたり、新しくするときも守る工夫をしているのですよね。盛岡のとぎれとぎれぶりは本当にもったいないことです。(さすがにマンションも建ったりなんだりで、どこもかしこもというわけにはいかないが)一本の通り単位では街の美観、街の醸す雰囲気を整えているのです。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-09-26 20:13 | Traveling
<< ●○●○ ひとは其れをクサマー... 松本にて  旧開智小学校〜縁は... >>