ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
ランドマーク横目散歩〜 ミッドタウン アクシス  東京タワー
洞爺湖サミットテロ対策。警官の皆様お疲れさまです。厳戒態勢です。ランドマークと大使館のひしめく六本木界隈から湾岸にほど近い浜松町に向かうという。乙女の散歩距離とはほど遠そうな、散歩をした昨日。
ではそのコースどうぞ


a0086995_20512428.jpg

●東京ミッドタウン内 DESIGN HUB
第11回企画展:「日本のグラフィックデザイン2008 GRAPHIC DESIGN IN JAPAN 2008」
約300点の展示。雑貨、書籍、商品パッケージ、シンボル・ロゴ、ポスター、広告、ウェブサイト、映像、空間デザイン。日本のグラフィックデザインの現在を総集編。
数々のグラフィックについてここの感想を記すのは難しいが。
そのどれにも感じたこと
『てざわり』直接間接どちらでも。立体平面どちらにも。
五感をうずかせ。触れさせる。伝え、届け、匂わす。感じさせる。そのお役割を担うワタシの生業について。改めてしみた。

●六本木ヒルズを横目に外苑東通りを下る。


a0086995_2051501.jpg

AXISビル内AXISギャラリーにて「Mute Swan 静謐と革新の調和」
デンマークのオーディオビジュアルブランド、Bang & Olufsenをロボットデザイナーの松井龍哉氏がアートディレクション。デンマークの国鳥でもあるMute Swan(コブハクチョウ)がテーマ。
漆黒にたたずみ白鳥のなく声と湖のさざ波をなげかけるプロダクツ。
BeoVision 9
BeoSound 9000
BeoVision 8。
BeoCenter 2
BeoVision 7
音をうみだすプロダクツによって、静謐さをうみだす。
音と静けさ その対極が互いにもちあう妙。

Bang & Olufsenのチーフデザイナーデヴィット・ルイスのインタビュー映像より。
心にささった言葉たちのメモ。
より新しい技術を敏感に取り込み、造形は普遍的。
専門家の知識や技術への信頼。
チーフデザイナーとして個々の能力をみて仕事をする。
感性。彫刻やギャラリー。観察と応用。閃き。
慎重にかたちを検討する。三次元にする過程は興味深いもの
高品質な新しい製品がでても負けない10年耐えるデザイン。
第一に使いやすいこと。次にコンセプト。コンセプトとは使うひとのなかにある。
置いておきたい。とおもってもらえることが大事。


a0086995_2050336.jpg

東京スカイツリーではなく、昔からの333m赤い電波塔。東京タワーを横目に外苑東通りを下る。

●増上寺を通り抜けて大門をくぐる。

●上島コーヒーで小休止。

●東京都立産業貿易センターを横目に浜松町駅からキタク。

]六月にある人は言った。あるきまくり−。Blog Ranking
[PR]
by NATSUKO419 | 2008-06-29 20:12 | Design and Art
<< 今週は給食当番でした あなたの じゅーす うらない >>