ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
GIROPPON ジグザグ
a0086995_22323626.jpg

国立新美術館からみたGiroppon(鼠先輩にあやかり) HillsことRoppongi Hillsはジグザグに刻まれているのであります。
ファザードの鉄骨とガラスが風景を模様にかえている。
ソファに腰掛けて外を眺める、太陽の位置で影や光の色が変わっていくので、いつまでも飽きないのです。ちなみにカフェテラスのにぎわい、エントランスの円錐なんかを俯瞰できる、3Fのベンチがすいてておすすめです。

やっぱりワタシは「美術館」という空間が好きなんですね。
「美術館」に、じーっと浸る。(図書館とかもこれに近いものがありつつ)
たてものに取り込まれる外の景色とか、日光とか。
夜は景色に浮かび上がる、建築の存在感とか。
展示の構成の工夫にハッとさせられたり、解説のタイポグラフィが格好良かったり。

国立新美術館はワタシが行ったなかでお気に入りベスト3圏内のミュージアムショップだと思います。
専門書やカシワロゴの『新』グッズはもちろんなんですけど、その他のデザイングッズやアートグッズ、東京土産、日本土産が充実していて、洒落たセレクトショップです。
ひと味違ったプレゼントを探しているときとかにもピッタリだと思いますな。
割と手頃な価格で、遊び心や想像力をくすぐるモノたちに出会えます。
展示チケット買わなくても入れますしね。

そういえば前に来たときは、盛岡市民の頃ですな。

日暮れ。夜は景色に浮かび上がる、建築の存在感の予兆。
主役は日光を反射して輝くガラスのファザードから、行灯のようにふんわり光る、館内のあかり。格子のように連なる木と和紙のようなテクスチャの壁面。
a0086995_22361621.jpg



はち月にある人は言った。ポポポポーポー。Blog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2008-08-04 22:42 | Design and Art
<< 夏の華 Radio >>