ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
日本の花 Franceの華
a0086995_0421590.jpg

上野の 国立西洋美術館にて
「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」

会期 2009年2月28日(土)〜6月14日(日)
見て来ました。会期に余裕のあるこの時期でもすでに満杯な人人人。
場内は渋滞ぎみではあったものの、ルーブルいいとこ取りな展示は見応えあり。

レンブラント、ルーベンス、プッサン、ラ・トゥール。
美術史をやったことがある方にはめっちゃ懐かしい名前と作品に再会します。
くううー。ワタシ川平さん化しそうでした。
フェルメール「レースを編む女」は本当に小さくこぢんまりしていたのには驚き。
陰影と迫力の構図、王族貴族と教会と俗。濃密で華やかなルーブルを体験。
またいきたいなあ。ルーブル。

常設展の方はそれほど混雑せずに見やすくて ル・コルビュジエの建築も体感できる作り。
ロダンの彫刻が豊富。そういえば母校の小学校は二宮金次郎でなく考える人があったなあ。

吹き抜けや中庭が望める大きなガラス窓が爽快で気持ちいい。晴れていたら光や青空が体感できただろうなあ。今日は降り出しそうで降らない雨雲と館内のコンクリートや黒い床がグレイッシュの世界でした。それはそれで、しとっとした重みがある感じられるものです。


a0086995_0445774.jpg

ここのところ寒く、雨ばかりでしたけど。
上野恩師公園のオオカンザクラは満開でしたよ。
日本の花 桜ですもん、見られると嬉しくなりますね。
早咲きで、3月初めには咲く桜なんだそうです。
もっとあったかくて日差しが穏やかな春が早く来ないかしら。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-03-09 00:48 | Design and Art
<< はやはや はるの 新生活 おこしにつけた >>