ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
BIRTHDAY 科学未来館にて
a0086995_22484444.jpg


日本科学未来館
念願のドームシアターガイア
Atmosという装置が3D映像(赤青の3Dメガネを着用してみる)を投影し、大平貴之氏のMEGASTAR-II cosmosが宇宙に最も近い星空を投影する。立体視プラネタリウム「バースデイ ~宇宙とわたしをつなぐもの~」をバースデイに見て参りました。

地球から太陽系
太陽系から銀河
銀河系から天の川銀河
銀河団から宇宙そのもの
その誕生を追ってどんどんと広がっていく。
滑らかな加速度で星が迫ってくるので、掴めそうな気がして手をかざしちゃいます。
手前の席のお父さんもヤッパリ手をかざして掴もうとしてたのであります。ヒトの本能ですね。
銀河の渦のなかは霧のなかにいるように細かい粒子が漂っているみたい。

「小さなものがぶつかり合ってより大きなものへ」
逆に「大きなものを小さく小さく分解していくとすべては同じところへたどり着く」
そのルールが全てに通じてる。ささりましたね。畏怖を感じました。

Geo-Cosmos1/200万スケールのリアルタイム地球儀、動くASIMOと初対面し、ロボットの操縦席にのって戯れて。すごく感動いたしました。その技術や分かりやすくてたのしい展示もステキでした。
そして日曜にも関わらずほどほどの混みかたで(ドームシアターガイアの座席は朝イチの予約がないと満席になってしまう模様)ちゃんと目一杯体験することができたのもすばらしいところ。そして入館料は常設展とドームシアターガイアも含めて600円というお財布に不安を感じさせないプライス。なんてステキな施設。


しかしながら、なによりも感動させられることは
事実を観測し、分析するチカラ。
発見された事実と事実を結びつけるインスピレーション。
想像力と創造力。
137億光年の宇宙の彼方、ミクロの細胞、捕まえられない素粒子。目で見られないものを見つめ 考え知ろうとする、ヒトってものすごい不思議な生き物ですな。
すばらしいバースデイになりました。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-04-19 23:49 | Daily Life
<< 夜は短し歩けよ乙女 さーたーあんだぎー >>