ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
ヴァイオリン 艶 Bunkamura
a0086995_10533264.jpg

12/18 Bunkamura オーチャードホールにて。

ヴァイオリン界の川原亜矢子(私的コピー)
川井郁子コンサート2009“Nature〜Appassionato”へいってきました。

クラッシクと言えどアレンジした曲やオリジナル曲が多いので入りやすく聞きやすいアーティストですが。初めてちゃんと自分でチケットを取ってのクラッシックコンサート。大人の階段を上ってみようかと思いまして。

ワタシは2階席だったのでどんな客層なのかよく見渡せたのですが、半数以上が50〜60代(特にご夫婦で)が占めていて、20代は1割いるかといったところでしょうか。

普段iPodやミニシステムのCDで聞いているのになれてしまっていると、ホールに響く生の音に打ち抜かれます。音が振動だってことが肌で分かると言うか。だから心も一緒に震えるのでしょうな。
ヴァイオリンは曲の表情が激しく上り詰めていくときも、緩やかに収束していくときも、そのグラデーションが豊かで美しいと思います。

ピアソラのリベルタンゴは本当に大好きな曲なので、生で聞くことが出来て感動しました。
川井郁子氏がラスト・タンゴ・イン・パリのトークのなかで「ひいていると恋愛しているときの感情になる曲がある」と仰っていたので、だから演奏中の音色は勿論、表情とかリズムを取る姿が艶っぽいのと合点が行きます。10年20年後にあれほどの色香がだせるのでしょうか自分。(汗)


1. オーロラ
2. 水百景
3. ヴォイス・オブ・ザ・ウエイブス
※衣装※白のギリシャ風ドレス
4. リベルタンゴ
5. エル・チョクロ
6. パッション・イン・ブルー
7. チャルダッシュ(モンティ作曲)
※衣装※スキニーにロングブーツ ストール風なキラキラトップス
8. ホワイト・レジェンド(チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より)
9. サンクチュアリ(クライスラー作曲「プレリュードとアレグロ」より)
10. ラスト・タンゴ・イン・パリ
※衣装※タイトな黒のドレス
11. ザ・ヴァイオリン・ミューズ(J. S. バッハ作曲「シャコンヌ」より
12. レッド・ヴァイオリン(ロドリーゴ作曲[アランフェス協奏曲]より)
13. ジュピター(ホルスト作曲「交響曲“惑星”」より)
※衣装※スリットと斜めドレープの赤いドレス

アンコール
サンクトゥス(ヘンデル:ラルゴ/バッハ:主よ人の望みよ喜びよ)
アメイジンググレース
不覚にも曲名が分からなかったラスト1曲
※衣装※白ホルターネックにフレアパンツ




a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by NATSUKO419 | 2009-12-20 10:54 | Music
<< 灯-TOMOSHIBI- 冬ショーグン 上洛 >>