ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
カテゴリ:Music( 21 )
幕張にて
a0086995_21302746.jpg

藤村智史さんの「めぐりくる朝」インストアライブへ。
海浜幕張なんて久々だ。
京葉線の車窓からみえる空と海との間には、もんやり白い霧がある。。。
2ステージのうち最初は雨、2回目のほうは雨も上がってよかった。
なかなか足を止めてじっくり聞きづらいお天気だったのだけれど、
初夏の雨のしっとりした空気で聞くのも似合っているかもなんて思ったり。
なんども聞いていくうちにどんどん味が出る曲たち。



a0086995_21484885.jpg

おまけ!
新木場での乗り換えで駅の階段に前記事で触れた
いわてデスティネーションキャンペーンの小岩井ポスターが。
このタイミングで出会えるとは!
父を無事発見しましたとさ。どんどはれ。
[PR]
by natsuko419 | 2012-06-16 21:52 | Music
embody 夢をかたちにするひと
a0086995_18114852.jpg


郡山の二日目は藤村智史さんのインストライブ。
購入した「めぐりくる朝」のブックレットにサインしてもらった。日本武道館ライブ実現の予約チケットも一緒に配られていて心意気がつたわる!


ブログタイトルのembodyという動詞最近知って、気に入っている単語。
【動詞】〈思想・感情などを〉具体的に表現する,具体化する; 体現する.
ほんとに見たままの意味の単語なんだけれど。

夢とか理想とか将来っていうフワフワしたものに、体をもたす。
自分の頭と心にるものが、どれだけ行動にあらわれて、実を結ぶのか。
逆に具体化するには、理想や妄想や夢がないと、吹きこむ命がないのと一緒だな。
ライブを聴いていて、そう思った。

4曲目の作詞にかかわった同居人は、夢の一部がようやく手にふれに目に触れる形になったのだし、感慨はひとしおだったのだろうと思う。


余談
ショッピングモールに観覧車があるなんて。北上のアメリカンワールドみたいだ。(岩手ネタ)
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-08 17:59 | Music
We Are the World 25 for Haiti
a0086995_0471062.jpg

「We Are the World 25 for Haiti」

You tubeにて公開されています。
ワタシはiTunesで購入しました。
当たり前だけれどYoutubeよりも断然いいのです。
売り上げはハイチへ寄付されるそうです。

瓦礫の街で歌い、笑顔を見せて踊る子供たち。
歌は言葉よりも素直で、温かくエールを送れることを実感します。

やっぱり音楽っていうのは、「鳴く」ってことに近くて、本能から揺さぶられるんですな。


ハイチで地震が起きてからほんの僅かなあいだでつくられた音楽が、瞬く間に世界中へ届けられる時代です。25年前のUSA for Africaから音楽の作り方、買い方、聴き方きっと色んなことが変わったけれど、この曲の力の不変さに胸打たれます。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-02-17 01:05 | Music
くるりとユーミン♪
a0086995_19415323.jpg


いつものように本屋の雑誌コーナーを(女性誌を除いて)くまなく覗いてたらくるりとユーミンの「シャツを洗えば」が!

オマケ付き雑誌のパイオニアー宝島社(私的コピー)で発売されていたのですね。
しかも発売が昨年の12/25とは。気付くの遅すぎです。

雑誌として書店やコンビニにおかれるなんて、アイディアですねえ。
価格は680円。塗り絵ブックレット付き。

パッケージの裏に洗濯表示がいい感じです。
まえまえから洗濯表示のマークの図柄いいなと思ってたんですよ。
快晴の日曜にぴったりです。

ワタシのシャツも入れておいてよー
洗濯バサミとめておいてよー
のとこが大好きだわー

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-01-16 19:43 | Music
ヴァイオリン 艶 Bunkamura
a0086995_10533264.jpg

12/18 Bunkamura オーチャードホールにて。

ヴァイオリン界の川原亜矢子(私的コピー)
川井郁子コンサート2009“Nature〜Appassionato”へいってきました。

クラッシクと言えどアレンジした曲やオリジナル曲が多いので入りやすく聞きやすいアーティストですが。初めてちゃんと自分でチケットを取ってのクラッシックコンサート。大人の階段を上ってみようかと思いまして。

ワタシは2階席だったのでどんな客層なのかよく見渡せたのですが、半数以上が50〜60代(特にご夫婦で)が占めていて、20代は1割いるかといったところでしょうか。

普段iPodやミニシステムのCDで聞いているのになれてしまっていると、ホールに響く生の音に打ち抜かれます。音が振動だってことが肌で分かると言うか。だから心も一緒に震えるのでしょうな。
ヴァイオリンは曲の表情が激しく上り詰めていくときも、緩やかに収束していくときも、そのグラデーションが豊かで美しいと思います。

ピアソラのリベルタンゴは本当に大好きな曲なので、生で聞くことが出来て感動しました。
川井郁子氏がラスト・タンゴ・イン・パリのトークのなかで「ひいていると恋愛しているときの感情になる曲がある」と仰っていたので、だから演奏中の音色は勿論、表情とかリズムを取る姿が艶っぽいのと合点が行きます。10年20年後にあれほどの色香がだせるのでしょうか自分。(汗)


1. オーロラ
2. 水百景
3. ヴォイス・オブ・ザ・ウエイブス
※衣装※白のギリシャ風ドレス
4. リベルタンゴ
5. エル・チョクロ
6. パッション・イン・ブルー
7. チャルダッシュ(モンティ作曲)
※衣装※スキニーにロングブーツ ストール風なキラキラトップス
8. ホワイト・レジェンド(チャイコフスキー作曲「白鳥の湖」より)
9. サンクチュアリ(クライスラー作曲「プレリュードとアレグロ」より)
10. ラスト・タンゴ・イン・パリ
※衣装※タイトな黒のドレス
11. ザ・ヴァイオリン・ミューズ(J. S. バッハ作曲「シャコンヌ」より
12. レッド・ヴァイオリン(ロドリーゴ作曲[アランフェス協奏曲]より)
13. ジュピター(ホルスト作曲「交響曲“惑星”」より)
※衣装※スリットと斜めドレープの赤いドレス

アンコール
サンクトゥス(ヘンデル:ラルゴ/バッハ:主よ人の望みよ喜びよ)
アメイジンググレース
不覚にも曲名が分からなかったラスト1曲
※衣装※白ホルターネックにフレアパンツ




a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by NATSUKO419 | 2009-12-20 10:54 | Music
ことしは Lady GAGA
聴いてる曲がどうも外見とあっていないらしいnatsukoであります。
ファーストアルバム「the Fame」でいきなりハマったLady GAGA。80年代のマドンナやデュランデュランみたいな、きらびやかで夜っぽい強烈な音楽。ショーやランウェイみたいな作り込んだ世界観と衣装のPV。ダンスのインパクト。王道なのに新しい。

a0086995_22302595.jpg

「The Fame Monster」
「the Fame」もついて2500円という抱き合わせ商法なのです。
いくらCD売れないといって、CDのオマケつけて高くしたり、追加曲つけた別バージョンだしたりして稼ごうって言うのはどうかと思いますよ。iTuneで新しい曲だけ買おうかな戦法にうつろうとするワタシ。

もともとニューヨークのイタリア系お金持ちのお嬢様でニューヨーク大学芸術学部というハイパーな経歴と、クラブでの独創的なパフォーマンス。ワタシ的にはトランプのジョーカーみたいなアーティストだと思います。ビジュアルも経歴も。

今年のマイベスト曲は「Poker face」ですね。

最近ハマっているフィギュアスケート グランプリシリーズで Johnny Weirがエキシビジョンに使っているのに驚きでした。妖し気です。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-11-19 22:53 | Music
ヴィレヴァン ヒッツ Lumiere
a0086995_18133289.jpg

Village Vanguard Vanzai☆
第二の的ポジションのCDだそうです。
Lumiere ルミエール

Calendar 〜明日のヨテイ〜

a0086995_18143960.jpg

カレンダーに○つけてる女の子。
その日付は24日。やはり決戦はEVE。そういうことでしょうか。

01.Man & Woman / MY LITTLE LOVER
02.Flavor Of Life / 宇多田ヒカル
03.甘い運命 / UA
04.CHE.R.RY / YUI
05.Garden / Sugar Soul
06.恋しくて / BEGIN
07.カブトムシ / aiko
08.さあいこう / ワイヨリカ
09.There will be love there〜愛のある場所〜/ the brilliant green
10.元気を出して / 竹内まりや

EMLIOという人がサウンド担当のカバープロジェクト、ボーカルはneco★と言う新人の方だそう。どおりで。カラオケに一緒に行った人が歌っているのを聞いて、自分もその曲を歌いたくなったり、友達がよく歌うので、知らず知らずのうちに歌えるようになった。って言う感じがします。

よくもわるくも素人っぽい感じが抜けきらない気はするものの(そこが売りなんでしょうしね)何となくサラサラっと部屋で流して、つい口ずさんでしまう。そんなことをツラツラと書いているとカラオケいきたくなります。



しかし昨今の「ベストアルバム」「カバーアルバム」の多さ。
ホントCD売れないんでしょうね。
低コスト低リスクで安全ランキング上位なのでしょうな。
曲のチョイス、どんずば!なターゲットが
『CDビックリする程買われてた時代』のひと向けであるとことか。
大人の事情大人の事情。




a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2008-12-14 18:28 | Music
ELLEGARDEN
ようやく
漸く
手に入れる

CDほしいと思ってから買うまで
だいたいミンナ3ヶ月くらいかかったり
半年くらいかかったりラジバンダリ

年取ったのか?財布の紐が固いのか?

a0086995_21374215.jpg

a0086995_21382166.jpg

ELLEGARDEN
BEST1999-2000
ニスとケースのダークな透け感

活動休止しちゃったんですが。1998年 12月31日12時結成だそうで。およそ10年の疾走っぷりは彼らの曲にぴったりとハマっていると思います。エッジッッッッィ。

疾走感と体温と痛みと。荒っぽさのなかに切なさもあるバンドが結構すきでして。
泣きたい程凹んだ帰り道に居ても立ってもいられず
思い切り自転車こいで。
夜風は冷たくて手や頬は冷えきってるのに、
目頭と心臓は熱くなってるみたいな。分かりにくいたとえですか??

バンプ アジカン ラルク(以前の) オアシスなど。
意外がられます。
GABA(英会話)の体験コースでI like oasis!といったらチャイニーズ系アメリカ人の講師の人も相当ビックリしてました。
ワタシの見た目が全然ブリティッシュロックでも、
オルタナティブでもないからです。。。






a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2008-11-28 22:28 | Music
あめしょ American short hair
混雑のなかで
歩き疲れた足を引き留めさせた。
声と、音と。


ひとめぼれ。
ひとぎきぼれ。


いいよね、いい。
そういう偶発する出会い。
大好きです。







畳一枚あるかないかのブースの4人から溢れだす音楽。
古めかしいピアノ椅子、やわらかい照明も素敵だったし。
衣装?もお洒落さんやしなあ。
いっしょに販売していたこのCDも。

a0086995_19395491.jpg


茶の封筒に少し滲んだアーティスト名American Short Hair
アルバムタイトル“水の指揮者”
何より、しなやかネコさんのシーリングワックス。
シーリングワックスは、溶かした蝋をたらして、固まりきる前にギュッと刻印して手紙とかに封をするやつ。


嗚呼ジャケ買い。音買い。偶然の出会いに感謝。

デザイン フェスタにて。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2008-11-14 19:44 | Music
地上で最も、優しい歌声。地上で最も、宇宙に近い空。
a0086995_15131573.jpg

地上で、もっとも優しい歌声と賞賛されている中 孝介(あたり こうすけ)。
鹿児島県奄美大島出身。そもそもが元ちとせに影響されて、島唄をはじめたとか。
「それぞれに」や「花」はラジオなんかで耳馴染みだったのですが。
アルバム『ユライ花』をようやく、夏の終わりに、聴いてみたのであります。
夏の残照と秋の始まりに馴染む曲が沢山ありました。とくに夕暮れ時、黄昏時に。蜻蛉やひらきはじめたススキ。そんな風景とあわせて聴くとぐっとくるかも。。。

a0086995_15152537.jpg

初夏にプラネタリウム“満天”で上映されていた星空の島へ Songs by 中 孝介をみた時、奄美の夕暮れから夜空の星、明け方の海。その美しさと、それを包む歌声に本当にウルウルきてしまいまして。

サンシャイン60の“満天”はあまり大きくはないものの、常時3番組から選べるプログラムで、そのひとつに。山崎まさよしとかゴスペラーズなどなどの、アーティストをとりあげた大人っぽいプログラムをやってくれる所がよいですよ。
子供の頃からプラネタリウムが好きなコでしたが、大人になってもそのキモチはさめず。

プラネタリウムのことを話すうえで外せないのが、大平貴之氏ですよね。
ネスカフェのCMや大人の科学、トップランナーなどなど、氏の名をきくことは多々あったので、いつかは絶対見たい。そしてググッたところ、なんと第1号機「MEGASTAR-ⅡPhoenix」は、ワタシの住む川崎市内の川崎市青少年科学館にあったのです。驚きました。投影する星の数は、410万個。
そのうえ観覧料大人200円という破格な価格なのです。ひとえに大平氏が、川崎市多摩区在住のおかげと思われます。うーん秋の生田緑地へ行こうかしら。

く月にある人は言った。ねむられぬ夜長。Blog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2008-09-07 15:11 | Music