ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
カテゴリ:Book( 25 )
沼地のある森を抜けて




久しぶりに、梨木香歩の物語を読んだ。
一言でいうと、ぬか床と沼地が融合するという。
何とも説明つけにくい話。
酵母と細胞がからみあう、ミクロの宇宙な展開。


生まれ続けること、育まれること、命を宿すこと
その紙一重で起きる死を「忌むもの、怖いこと」じゃなく
環の一部に表現出来る、梨木香歩の不思議。
「西の魔女が死んだ」や「りかさん」などに比べると、好き嫌いは別れそうな一冊。

前の週に梨木香歩の随筆「水辺にて」を読んでいてアザラシや腐葉土の話もチラっと出ていたかと。
創作活動中の興味が如実で、バラバラに散らばったそれらが、物語に精製していくのがあらわになる人だと思う。
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-11 17:10 | Book
今月の読了メモ

「脱広告・超PR」
脱広告・超PR 広告を信じなくなった消費者を動かす「連鎖型」IMC
著:山田優

いまや普通に書品の良さを広告するだけでは、人の心にも頭にも届かないのです。
購入syに撮ってのお得な情報として、しかもテレビやウェブのニュース雑誌のタイアップ、自分(自社)以外の第三者に「いいよ」「注目されてるよ」「学者も認めてるよ」と取り上げてもらう。その取り上げられた情報をツイッターやブログなんかでさらに素との人に伝搬してもらう。


広報が発信した情報がうまく浸透するように業界や大学と団体をつくったり、日本記念日協会に記念日に認定してもらったりします。。。
「カレーは体にいい」「夜カジ」「食物繊維でデトックス」社会現象をつくりながら、PRを行う一連の仕組みが分かりやすくなっています。

広告が売れる『種をまいて、水をやり、美しい花を咲かせる』だとしたら、PRは『売れる土壌づくりから実の収穫まで綿密に計画と作業を行う』という感じですかね。




「SCHOOL OF DESIGN」
編集:水野 学 古平 正義  平林 奈緒美 山田 英二

カバーに堂々たる存在感で『これ読まないと同期に追い越される』のせいで、某通販サイトのレビューでは「そんなこと無い内容の割に2500円は高い」とありますが。実践的なことを期待したりするとたしかに。。。

第一線の方々の座談会(?)を見開き1テーマで一言抽出したこの本です。
テーマとしては『どういう姿勢で取り組んでるか』が多いです。
銅いう人におすすめかというと↓
上っ面の出来とかスケジュールとか予算のせいにして怠けてたわー(号泣)当たり前のスタンスだけど改めて活字にされると、身が引き締まる思いで読んじゃうよね。
という人におすすめです。

あーしかし、自分のいまの仕事とかでここに学んだこと活かせない、フラストレーション。。。
知らないよりは知っていたほうが良いのだけれど。あ、愚痴です。いかんいかん。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2011-02-27 19:14 | Book
ソトコト ecoジェネくんデビュー
a0086995_20362798.jpg

月刊『ソトコト』
8月号 「自分を長持ちさせる100の方法」

a0086995_20365426.jpg

「トランジット・ドロップ」というコーナーに旧友の連載が始まった模様です。
「ecoジェネくん」という2P マンガですので、書店で見かけたらぜひ。。。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-11 21:06 | Book
How Good You Want to Be.
a0086995_0191658.jpg

大事なのは今のあなたじゃない。この先、どのくらい上を目指そうと思っているかだ。
ポール アーデン (著)

端的な文章に叱咤激励される一冊。

プロフェッショナリズムってなにか?
プロとプロに限りなく近い素人との差は?
じぶんはプロの仕事してるだろうか?


どんな仕事も肝は判断にあって。ソコに至るには知識に感に経験に。。。
諸々をくぐらせてできてるわけで。
make a decision.
どこかでラインを引かなきゃね。

It's Not How Good You Are, Its How Good You Want to Be.


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-05-19 00:32 | Book
美味 ベトナム
a0086995_2118219.jpg

a0086995_21181489.jpg

いくら敬老の日が挟まると言えどネーミングもうちょっとなんとかならなかったのかしら。。。
みなさまシルバーウィークいかがお過ごしですか?
ワタクシは国外逃亡を図り一路ベトナムへ!というのは妄想まじりの冗談です。

先日知り合いになった方からハッピーハッピーベトナムというベトナムの女子旅な本をいただいていたのです。
未体験の地ベトナムに脳内旅行な感じで読みふけっていたところ、
この連休9月19日20日の両日タイムリーに代々木公園で「Vietnam Festival 2009」が開催されていました。

数々の屋台からはベトナム料理のスパイシーな香りが立ちこめて食欲がもりもりと。
生春巻き、揚げ春巻き、フォーにガパオにベトナムコーヒー。
ベトナム雑貨にベトナム食材コーナーも激しく込み合っていて、なかなかじっくりは見られず。
ハッピーハッピーベトナムにもふれられてる日本語向けベトナムフリーペーパーベトナム Sketchのブースも。ベトナム語手ぬぐい便利そう。
イベント会場にはアオザイを風にたなびかせたお姉さんがチラホラ。
本当にいってみたくなりました。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-09-22 21:58 | Book
夜は短し歩けよ乙女
a0086995_20305627.jpg
夜は短し歩けよ乙女

先輩にかしてもらって読んだのがはじまりでした。
本屋の平積みを冷やかしていたところ
どうやら文庫になっていたようで、これは!と思い購入。

マイペースマイワールドの黒髪の乙女と
黒髪の乙女に一目惚れ、彼女の後ろ姿に関し世界的権威というほど見つめまくっている大学の先輩。
お酒大好き天狗的にハイパーな能力をお持ちの樋口さんに、お酒大好き鯨飲の美女羽貫さん。閨房調査団になぞの3階立て電車にすまうお金持ち李白翁。
京都の街を闊歩するたのしくも強力な登場人物たちが繰り広げる、不思議ワンダーランドなお話。

表紙のイラストはアジカンのジャケットでもおなじみの中村佑介氏
とってもかわいらしいんですの。読めばきっと魅了されること請け合いだ!
そしてみなが美味しそう愉しそうにお酒を飲むので、ついついお酒との飲まれつしたくなります。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-04-23 20:45 | Book
初恋 温泉 フィルム ばかやろう
明日はもう3月なのに
昨日はこの冬初めて雪が降っているのを目撃。
今日はバカヤローの日。※吉田茂内閣バカヤロー解散の日をきねんして
Let's夕日に向かって「ばかやろー!」


a0086995_1803168.jpg

読書めも

小山薫堂「フィルム」
「おくりびと」の脚本で話題の小山薫堂氏の短編小説集「フィルム」
元々放送作家。いまや映画脚本に小説にお洒落雑誌のコメントに。
小山さん、ほんにオールマイティ。
バー レストラン ホテル 高層マンション 飛行機 芝 赤坂 表参道
いかにもギョーカイっぽいシュチエーションも多。


吉田修一「初恋温泉」
初恋温泉なんで実在の温泉宿が何件も。温泉ごとにソレゾレのハナシ。
青森 那須 箱根…温泉ていう現実逃避と異世界なかんじ。
いつもと違うところ、普段と違う向き合いかた。
心が通じたり、すれ違ったり。密になったり、深い溝をあらわにしたり。
飾れなくなる、強がれなくなる。素直になっちゃうからですなきっと。
タイトルはこんなんですけどデレアマ話ではないすよ。
こんなに冷えると温泉いきたいじゃないか!ばかやろう!


男性作家の短編小説がわりに好き。少しその作家の趣味によっているような雰囲気。
路地 夜 煙草 お酒 海 車の運転席 シゴト 妻あるいは恋人 子供
情景のふとした瞬間 いたるとこに感じる「オトコ」
あー自分がオトコだったらどんなだったかな?


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-02-28 18:04 | Book
イントゥ ザ スカイ 
豆はまきましたか?もしや立春ですか?
なぜかアクセスが多かった前回の記事といい、ワタシ内読書週間な数日。
※理由はHONDAの発表したハイブリットエコカーが「インサイト」だったから。
 キーワードが凄いタイミングでかぶってたんですな。

a0086995_0185786.jpg

森博嗣『スカイ・クロラ』シリーズを読んでます。
前知識なくて、数ヶ月前に 「 クレィドゥ・ザ・スカイ Cradle the Sky」をいっとうはじめに読んでしまったワタシです。そしてまだスカイ・クロラは読めていない。(図書館でいつも貸りられ中)

物語の時系列は下の順らしい。どれからよんでも障りないとのこと。
* ナ・バ・テア None But Air
* ダウン・ツ・ヘヴン Down to Heaven
* フラッタ・リンツ・ライフ Flutter into Life
* クレィドゥ・ザ・スカイ Cradle the Sky
* スカイ・クロラ The Sky Crawlers
* スカイ・イクリプス Sky Eclipse(番外編)
ただ読み進めると時系列順が一番整理つくのも確か。
刊行順は「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」がいっとう最初に繰り上がって以下そのままらしき。


ちなみに押井守監督の映画は未だみていないです。戦闘機の交戦シーン(文中の表現で行くと『ダンス』)は映像化しがいがありそう。
しかしながら、行ったことも経験したこともない飛行なはずなのに、緊迫感と目まぐるしさを感じる。速度と飛翔感と、鋭さと、激しさ高揚。空の上のそれらを紙の上の活字に落とし込んだ 森博嗣氏の才。

戦闘機という飛行機にのることで、生きている。飛びたい、その願いでできている。
ヒロイズム、美学、政治、道徳、あるいは正義とか大人のつくった概念から、ずうっと遥か遠く離れたところで戦っている。その物語の解釈はそれぞれにあるでしょうから、ふれずに置こうと思う。言葉にして解釈しようとすればするほど、なにか曲がってしまいそうだし。

この装丁の写真のように、誰も居ない空で、流れるような浮かぶようなままにしておいた方が良いような作品たち。ちなみに装丁は鈴木成一デザイン室です。美しく、様々な表情の空。物語の象徴。あとは文字の組みも美しいです。これは文庫より断然ハードカバーで。



生命なんてトンネルみたいなものだ。生まれた瞬間が入口なら、出口まで行くしかない。短くとも長くとも。てきな主旨の文章が離れず。トンネルの中で何がおころうとあるいは何も起きなくとも。走り抜けていくしかないのだなあ。






a0086995_22381560.gifRanking 本年もよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-02-03 00:29 | Book
心のスイッチ
a0086995_2051688.gif

「思わず買ってしまう」心のスイッチを見つけるための インサイト実践トレーニング
桶谷 功(おけたに いさお)

インサイト=消費者がモノを「買いたくなってしまう」心のスイッチ!
これは買い!ってときには 直感的に買う
理由は意外と後づけなのでアンケート調査では
ヒアリングすると理にかなった答えを導きだそうとする
ゆえに「買い」だって思ってた心と無意識にずれてしまう

直感的に「買い」と判断するまでにある
本人も意識していない潜在的なや感情を探るために
企業や商品を擬人化したり、絵に描いたり、物語を持たせたり。。。
言葉 気持ち 心理的距離
買い手がもつ印象を専門用語の羅列じゃなくて目に見える形に

学生のときにやった形容詞の対義語5段階評価
非常にそう思うーややそう思うーどちらとも言えないーややそう思わないー非常に思う
でマトリックスにするヤツよりはるかにヒューマンなかんじ



買い手に受けいれやすい商品、買い手に打ち解けてもらえる企業を生み出す「直感」や「ひらめく」をより実践的に、いろいろな人が共有できる方法に落とし込んであるなあ。って本です。人と商品、人と企業を繋ぐ基本を大事にしてるかんじ。

魚屋さんが馴染みの奥さん家の好みや家族の人数や旬の魚はなにか
お客さんと向き合ってた、日々コミュニケーションから吸い上げてきたことから
今日のいきのいい魚からをすすめるような。
なんとなくそういうテンションに通じてると感じました。


しかし本の通販の流通スピードって早いですねえ!
中一日ですよ(驚)
しかし日が経つのはやいものですねえ!
もうすぐ2月です(汗)

a0086995_22381560.gifRanking 本年もよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-01-29 21:11 | Book
Slow Good bye
髪を切った
結構きった
恋を失った



なんて。
髪を切ったのは本当です。
会社であまり、髪型が変わったの触れられないのは。。。
そう思われているからなのでしょうか?
失恋と言えば
最近読んだ本が、偶然にも殆ど短編集で。偶然にもほとんどが「失う」痛みや、その空洞の静けさ、その後に来るはじまりの清々しさに通じている題材でした。
なにか呼んでいるモノがあるのかしら。そんな読書メモ。

a0086995_2231879.jpg


「スローグッドバイ」石田衣良
手を振る瞬間をモチーフにした短編集
なにかに区切りがつくとき、なにかが始まる。
別れの余韻と始まりの予感を混ぜ合わせた。

「対話篇」金城 一紀
別離と愛とを。生と死とその対比をモチーフにした短編集
希望を見ること。失うこと。繋がること。伝わらないこと。
それらが抉るようなシャープさを持って静かに存在している。

「神の子どもたちはみな踊る」村上春樹
阪神大震災の後をモチーフにした短編集
村上春樹のフィルターを通してみた
震災と言う埒外な出来事が繋いだそれぞれの世界。

「ミシン2 カサコ」嶽本 野ばら
ミシンの続編。ファッションと音楽。パンクとロリータ。ユーモア。
野ばら氏らしい世界観の凝縮。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2008-11-20 22:05 | Book