ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
カテゴリ:Movie( 23 )
そうだよ 
a0086995_17505039.jpg


ぼくがともだちだよ

というわけで。
先日20世紀少年を見てきたのです。

空想科学的未来と60年代グルグルと渦巻く映像は
「本格空想科学映画」の冠に恥じない映画だなあと思います。
こういう迫力系はヤッパリ映画館ですなあ。
端役までも豪華キャストがひょっこりでますから油断なさらぬよう!
数々の活躍シーンはいつもハリウッドのハードボイルドアクションめいてスゴイし。

エンドロールのあとのエピソードがせつないです。
どんな大きさの争いも吹き出てくる場所は
何かと何かが通じ合わなかったときに他ならないことが。

でもなんやかんやで
一番恐ろしい力は「世界征服する悪モノ」の力よりも
征服されるがまま、疑わない名もなき群衆たちなのかもしれないね。
駄菓子屋の研ナオコも怖いですけど!



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-09-13 18:00 | Movie
きもち わるい
EVANGELION 破公開間近ですね。


最近あんまりにもべろべろにへこまされるのですが
どうしたもんかね?
梅雨が近いからかしらね?



YouTubeでアメトークの「エヴァ芸人」(芸人じゃないのに加藤夏希ちゃんがいる)を見てしまったことを発端にして、そのままYouTubeで1話からほぼ全部と「THE END OF EVANGELION Air/まごころを、君に」を全部見てしまうという、THE!ひきこもり日曜日を過ごしてしまいました。(すごいねYouTube!ん?消さないGAINAXがすごいのかな?)

最初に見たのは14か15歳ぐらいに見たのかな?
初めて見たときが、深い夜にテレビでやってて。
見終わったらAM3:00
ワタシも「きもちわるい…」ってつぶやいた。
ほんとわっかんなかったしモヤモヤ
EVA芸人たちのようにどっぷりな人にはなれなかったすけど。

ヒトってやつは。いつだって矛盾する諸々のなかでゆらゆらもがいて。
壊して 生み出して 愛して 憎んで 希望を見つけて 絶望を味わって。
でも、どっちかしかなかったなら、結局どっちもない。
ゆらゆら揺れる液体の表面張力みたいな
曖昧な膜で自分を保っていきてるのかもね。
大人になってから見ると面白い、深いすね。
あのとき見えなかったものが見られるようになった気しました。

6/27には新しいほうが公開されるけど。
マトリックス3部作で失敗してるので(話の筋が思い出せない@劇場)
んー序みてないしな。4部作の最後の最後でまとめて見ようかな?
しかしタイトルとかポスターとかグラフィックの処理がいつもカッコいい。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-06-01 21:11 | Movie
かげ ひなた
a0086995_1952482.jpg


映画づいてる昨今です。心が渇いたからでしょう。泣きたい系の映画ばっか見ます。
陰日向に咲く
劇団ひとり原作だけに?キャッチコピーは「ひとりじゃない」


宮崎葵ちゃん(母時代:漫才師、 娘時代:弁護士 借金整理の相談)
岡田准一くん(パチ依存 借金苦)を軸に
伊藤敦志(葵母時代:漫才の相方)西田敏行さん(ホームレス)三浦友和さん(サラリーマン)緒川たまき(ストリッパー)
最初はてんでバラバラのどちらかと言えば陰でいきてる人たちが、最後にはひとつの縁でつながっていく。終盤の台風の夜に向かって、すごいまとまってく!はなし。
※塚本(秋葉のアイドルオタ)と平山綾(売れないアイドル)のストーリーは何故か分立してますが。

見終わったあとに「ひとりじゃない」って思うのと一緒に、
親子 夫婦 仲間 恋した人 愛した人
毎日一緒に生活しても、血を分けた家族でも、本当に心が通じるのは、ほんの僅かな瞬間でしかないことを思ったり。でもその、ほんとに、ほんの一瞬さえあれば。きっと大丈夫だと思ったり。冴えない日もきっといきていける。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-05-31 19:53 | Movie
あした の きおく
a0086995_20303634.jpg

明日の記憶

渡辺謙さんの演じる広告代理店の仕事バリバリな営業部長。
典型的に家庭よりも仕事。
大きな契約も取って、一人娘もいよいよ結婚。
そんなさなか若年性アルツハイマーに。
それをぴっしりと支える妻役の樋口可南子さん。
二人を中心にひっそりとすすんでゆくおはなし。
硬く重く苦しくなりそうなアルツハイマーいうテーマ。

きちりと そして清々しさも持って描いています。


渋谷の取引先企業にむかう途中で迷子になってしまったときの焦燥。
(もちろんアルツハイマーのせいで、普通の迷子とは違いますよ。)
広告代理店の仕事のスピード。
東京という街の、日本の企業のけたたましさ。

やり手 49歳 一家の主。
培ったもの、養った力。急速に失っていく。たぶん、おおくの人がユルユルと失っていくその何倍も何十倍も速く失っていく。

ワタシが一番心にきたのは及川光博さんの演じるアルツハイマーの専門医が
ヒトは生まれて十数年ほど成長していく そのあとはずっと衰えていくだけ
というような言葉です。それが理だということを、知っているはずなのに、直視できなかったりするんですよね。人生は80年以上続くもんだみたいな。毎日はずっと続いて当たり前だとか。自分が大病なんてとか。

経験とか思慮とか思い出とかは増えていくんけれど、やっぱり生命ってヤツは失速して消えていくわけで。いずれ自分が無くなっちゃうのは怖いし。そんな自分見たくない。でもね、それをやたらに否定したり、あらがったりしなくていいのだと。見終わったあと、不思議な安らぎを残してくれました。

ずうっと上に上に、先に先に、勝ち続けて、勝ち獲り続けて。そんな世の中のほうが怖いでしょが。


ほぼ日課にとい新聞には「『明日の記憶』とつきあう。」という、主演の渡辺謙さんと糸井さんのメールによる往復書簡のコーナーと樋口可南子さんや堤幸彦さんとの対談などを集めたコンテンツがあります。
ちなみにリアルの世界では樋口可南子さんは糸井重里さんの奥様です。
劇中の樋口可南子さんがほんとに素敵でね。あんな妻になりたいのです。
とても濃いないようなので、映画に興味がわいた方は是非に。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2009-05-28 20:38 | Movie
めがね めがね
a0086995_15335352.jpg


なんのため、なぜ。とかく問い質される世の中ですが。
なんでもなく、なんの理屈もなく。

そおいう
吹き抜けみたいな時間、野ざらしみたいな空間
あったっていいじゃないか!
すこーんとまっさらな海と砂浜と島で、
観光なんてこれっぽちもなくて
することといったら「たそがれる」こと
なんでか皆めがねをかけてて
朝起きるとさくら(もたいまさこ)さんが起こしに来てて
朝ご飯の後さくら(もたいまさこ)さんを筆頭に砂浜で「メルシー体操」してて
なんの理屈もないけれど、このなんにもない島に惹かれてしまう映画。

ちなみに
メルシー体操ちょっと真似しました。
たそがれる才能は結構あります。
ああいう島にいきたいです。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2008-10-26 15:35 | Movie
I'm your DREAM GIRL
連休明けは友人が我が家にホームステイ。
沖縄料理を食べにいったり、お部屋で飲みつつ話したり。宅のみって良いですよね。酔い回ってもすぐ寝られるし(?)機会があれば”居酒屋なつこ”へお立ち寄りを。
おかげで賑やかというか、ほのぼのと過ごせて、5月病にはならなそうです(笑
週末はあんまり天気がよくないので、家の掃除をバシバシ。
(新しいコンパクト掃除機は小さいけど割とパワフルだし、カーペットの洗剤もつかってバッチリ。)その後、夜更かしして久しぶりにDVDで映画を見た。最近夜更かし気味でヤバいです。

a0086995_16231931.jpg

DREAM GIRLSをレンタル。
セットや衣装、ライティング、ダンサー、きらびやかででうっとり。
(お金かかってます)
きらびやかのバックステージにある、成功と挫折、明暗。おごれる者は久しからず。時代や人っていうのは流れていく感じも描きつつ。ラストシーンは失速した気もするけれど。。。

エディ  マーフィーのJB(ジェイムズブラウン)っぽいソウルさ
ジェイミー フォックスのショウビズに傾倒していく移り変わり
ジェニファー ハドソンの迫力に圧巻
演技と歌”パフォーマー”ってこういうことなのかと。
歌唱シーンのビヨンセは流石です。演技のことは置いといても(台詞の印象が殆どないの)
行ったことないけれど、ラスベガスのホテルのショー見た気分になれる映画です。
[PR]
by natsuko419 | 2008-05-11 16:26 | Movie
動く 動けば 動く時 活動写真
a0086995_1428556.jpg

「かもめ食堂」
小林聡美 片桐はいり もたいまさこ
なんかキャスティングだけでも良い塩梅だと思います。
最近「超熟食パン」のCMのあれです。あのサンドイッチもおいしそう。
ヘルシンキでサチエ(小林聡美)の営む、かもめ食堂とそれを取り巻く、人々。
ヘルシンキの街の空気。人のテンポがよくわかる。
そして食堂ででる定食やら、おにぎりやらがとっても食べたくなる。
『腹ごしらえして生きるのだ!』食べることは生きること。おいしい食事を作ってくれる人、一緒に食べる人がいて分かち合うこと。前に進める元気をくれる。またFINLAND行きたい。

a0086995_14304862.jpg

「誰も知らない」
先々週?フジテレビで柳楽優弥祭りでしたね。
「シュガーアンドスパイス」「星になった少年」が放送されてたので、これを見てみたくなりまして。これは、カンヌに行くだけあるものです。
子供が身勝手な母親に置き去りにされました。ってニュースで片付けられて、可愛そうだと終わってしまう。報道して、糾弾して、時が過ぎると忘れて。似たような事件の報道をまた繰り返し。既視感な反応の繰り返しに対して投げかける、静かに。
極端な悲壮感はなく、透明なガラスのように透き通って、でもキズついたエッジは鋭く。柳楽優弥あの表情は素晴らしかった。

「L change the WorLd」
先々週?日テレで DEATH NOTE祭りでしたね。
松山ケンイチの演技と、工藤夕貴の美しさ、主題歌のLenny Kravitz。
自転車をこぐLとか、絶対次のカットで笑かそうっていう演出のフリが随所にあります。多分見ていれば分かります。
しかし、いつもこの手の映画を見ると、『生き死に』ということを、どこか投げやりに、短絡的にして上滑りしてしまった時代。ナニユエだろう。って思い、考えてしまったり。



二月にある人は言った。映画の割引券よく忘れる。Blog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2008-02-17 13:55 | Movie
キターッ? 電車男
a0086995_2327677.jpg

電車男をみました。コクハク&キスシーンでキュン。。。
エルメスのうちでベートーベンがかかったときのAVレシーバーはmarantz製(嗚呼職業病)
伊東美咲も綺麗ですけど。やっぱ中谷美紀いいです。。。中谷美紀もええ?って使い方あってるのかしら??
a0086995_2331155.jpg

資生堂マキアージュの二番煎じチック。カネボウcoffretdorに中谷美紀と柴咲コウがならんでいるのが、もう嬉しくて美しくてたまりません。広告はやっぱ資生堂が好きだけど。
前も書いたけど、美人がすきなんです。眺めているだけで幸せです。

一月にある人は言った。top10?キターBlog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2008-01-19 23:21 | Movie
さくらん。 桜、ん。  花魁。
TSUTAYAの利用頻度は3ヶ月に一回。(すくない?)
行ったときに10本くらいガリッッとカリル。
a0086995_20164744.jpg

今日はそのうちの一本。「さくらん」
監督:蜷川実花
原作:安野モヨコ
音楽:椎名林檎
主演;土屋アンナ
この名の連ねかた。
「どう?わかるでしょ?この気分?」そういうオーラでてませんか。
それこそ花魁道中みたいな迫力と絢爛な空気ビシバシ。

きっと林檎が好きな人は「花魁」に心掴まれるはず。
モデルなおかつROCKな土屋アンナだって絶対範疇だ。
紙風船みたいにカラフルな色。お洒落。
独特の世界観の写真家 蜷川実花だって。

しかし、安藤政信が渋くていい男です。「キッズリターン」「サトラレ」の少年が残るような男の人の印象が強かったので。あんまり台詞はないけど、目の奥や押し殺したような表情が「旦さん、しびれるねえ、渋いね。男だねえ。」って感じです。特に終盤〜ラストシーンはぐっと来た。

さくらがキイになっていて、冒頭からエンディングの落としどこまで、2時間の枠にまとめた展開だったと思われ。(原作読んでないので比べようがないけど、逆に良かったのでしょう)
話の筋の複雑さや深さ、難解さもとめる映画とは違うとおもうし。だって見せ場は、「きらびやかさ」この一言に限るでしょ?

映像は本当に写真の作品集のような(写真集以上、映画としての価値があったかはやや微妙だけど)極彩色。音楽のPVのような情感を感じ。音楽は林檎濃縮還元。味や色は違うけど、「シカゴ」「ムーランルージュ」とか、女たちがメイン張るミュージカル映画的な感じもありんす。

おしてほしいのでありんすBlog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2007-12-05 19:19 | Movie
三丁目をのぞきに  〜ALWAYS 続・三丁目の夕日〜
a0086995_22173696.jpg

三丁目をみて来ました!「ALWAYS 続・三丁目の夕日」です。ちなみに我が家は一丁目です。ちなみに東京の駅名に「ホニャララ『何丁目』」がつくのは奇数のみ(たしか)です。


金曜ロードショーの「ALWAYS 三丁目の夕日」をみたら、これは続編も是非とも見たいと思ってまして。というかそのロードショーの間にでていた30秒の予告編だけでもウルウルしていたワタシですので。

血がつながっていても、いなくても、人と人と、心や絆は繋がってるって。
心がほっこりじんわりしますね。最後は絶対大丈夫っていう安心感のある映画。とやかく言わなくても、兎に角「ええ話やわあ」ってコトです。ふるさとが恋しい今日この頃。

茶川さんの「はぁぁ〜い(へなへな)」っぷりは健在です。鈴木オートにブンブン振り回され(物理的に)ます。個人的に壺(ツボ)です。小雪はやっぱり綺麗です。薬師丸ひろ子の「おかあさん」も最高でした。そして子役たちの演技はスバラシイ。メインで映っていない背景でも豊かな表情がよかよか。
エンドロールBUMP OF CHICKENの主題歌「花の名」も噛み締めるように歌う藤原さんの声や、歌詞、かなり涙腺にきます。兎に角「ええ曲やわあ」ってコトです。来月発売のアルバムが欲しくなって来ました。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のHPにいくと「夕日町三丁目 町内会」って言うのに住民登録(ログイン)して入れるコーナーとかがあるので、映画にどっぷりハマった方はどうぞ。
a0086995_22201024.jpg

windows、しかもiTune入っている人のみだけど、昭和のラヂヲ型のプレーヤーにアレンジするアプリケーションもダウンロードできるみたい。あいにくmacユーザーのワタシです(涙)

おすBlog Ranking
[PR]
by natsuko419 | 2007-11-25 22:12 | Movie