ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧
マウント富士
a0086995_2214541.jpg


今の部屋に住んでもう4年以上経つある夕方。
自分の部屋の窓から富士山が見えるという事実に初めて気がついた。

しかもきっかけは夕日が綺麗だからこれは写真に撮ろう!
と思って身を乗り出して、カメラを構える私。
ううん?あのよく見る綺麗な台形の山陰は。。。

ありふれた日常のなかにも新発見もあるのだ。
なんてな。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-26 22:19 | Daily Life
連休の たべ あるき

a0086995_2301852.jpg

ラウムる。アイスコーヒー。うすはりの音も手触りもひんやりです。
ミルク入れの卵型もつるつるっと気持ちいいです。


a0086995_2320849.jpg

敲太楼山荘でワンプレーとランチ。
夏はカレーです。しかもチキンと豆(ひよこまめ多分)の。
まめカレー結構好きなので嬉しかったです。


a0086995_22593435.jpg

ふかくさは深草色の木陰で人々ひと休みです。

散歩はたのし。水辺は涼し。

このあと更に中津川くだってBBQ。かなり久しぶりのBBQ。

夏に帰ったときは花火もしたいなあ。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-22 23:27 | Eating
「木村衣有子の野営」-写真と文章の展覧会-
連休を使ってcartaのtentにまた言ってきました。
ひょっとして盛岡の人より行ってるかもしれない。。。(笑)

tentの庭はしげる碧い青い葉っぱ、緑の匂いと、畳の匂い。
暑いさなかでも柱やいた間はしっとり冷えて、風が抜けてとても気持ちいいー。
「あああー住みたい」と心でつぶやく。

a0086995_2319314.jpg

「木村衣有子の野営」
-写真と文章の展覧会-

実はこの前日、私がテケテケと初raumに言ったとき、隣のテーブルでお茶をしていらした木村さんにそうぐうしてたという。ぜんぜんお話できなかったですけど。

写真の入ったフレーム(アイボリーのワイヤーのとアルミ?に模様がついたのと、それが半分いようはげて金属見えてるヤツ)が写真の雰囲気とあってていいですぞ。

でも意一番嬉しかったのは「MORIOKA BUS CENTER」の写真があったこと。
大好きなあの看板。木村さんも注目してたのがちょっとほこらしかったです。

a0086995_23421989.jpg

帰りがけには野営限定のスタンプも押して。




a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-21 23:43 | Design and Art
ソトコト ecoジェネくんデビュー
a0086995_20362798.jpg

月刊『ソトコト』
8月号 「自分を長持ちさせる100の方法」

a0086995_20365426.jpg

「トランジット・ドロップ」というコーナーに旧友の連載が始まった模様です。
「ecoジェネくん」という2P マンガですので、書店で見かけたらぜひ。。。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-11 21:06 | Book
オルセー美術館展2010「ポスト印象派」
a0086995_1062736.jpg

オルセー美術館展2010「ポスト印象派」
Post-Impressionism: 115 Masterpieces from the Musée d'Orsay
 国立新美術館
2010年5月26日(水)~8月16日(月)
10:00-18:00

久しぶりに美術館へいってきました。
オルセー美術館の大規模改修に伴って、115点もの絵画を日本で展示する機会に恵まれたそうです。これだけ注目を集める企画展ですから展示室は人ひと人。モネの「日傘の女性」特にゴッホの自画像付近は隙をみて前にいく感じです。

実は学生時代に一度だけ言ったことがあるオルセー。
オルセーの展示室は自然光に近いような明るさでしたが、国立新美術館では暗めの部屋にブロックごとにライトグレイッシュな水色、緑、ピンク、ベージュの壁面で色分けされ、スポットが当たる感じで、本家とは違った雰囲気をみられます。

展示の構成
1章 最後の印象派 (モネ ドガ)
2章 スーラと新印象派
3章 セザンヌとセザンヌ主義
4章 トゥールーズ=ロートレック
5章 ゴッホとゴーギャン
6章 ポン=ダヴェン派
7章 ナビ派
8章 内面へのまなざし
9章 アンリ・ルソー
10章 装飾の勝利

聖書、神話と王様、貴族。写実と物語性。印象派は写実からはなれて、権力とそれに伴った物語とも違う、目でみて感じた部分に感心がうつっていくわけです。光とか色が醸し出してる空気。。。

そのあとにくるこのポスト印象派の展示で、もっともっと画家の関心事の種類が多様になっていく、肌で感じられるはず。 空想のストーリーであったり、風景画なのにアングルが混ざって描かれるとか、写実的に書いているのにどこか異空間のような気持ちにさせられたり。
あるいは単なる美術品でなく目的を持つようになっていく、ポスターになったり、家具調度と同じように家に飾られるようになったりしていく。

絵画の自由度が高まっていくその行道なのかな。
美術史をかじったていどのわたしざっくり、小振りに語る。でした。



a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2010-07-03 10:07 | Design and Art