ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Love Iwate
a0086995_19223054.gif


今日で東日本大震災から一週間ですね。
これだけ長く目まぐるしい7日は生まれてから今まで無かったです。

ちょっとした揺れに敏感になって、
真っ暗闇に怯え、
水や食料をひっきりなしに心配する、
都会は地震も停電も怖いけれど、それ以上にパニックになった人が怖い。

でもなによりも会いたい人に会いにいけない。
本当ならこの週末盛岡と福島に連れと行く予定でした。
宿も新幹線も取ってあったのですが。
私よりも切実に帰りたい人、地元で役に立てる人のため辛抱します。

でも、こんなことでしょげてたら、岩手のみんなに笑われる!

ため息がでたら、吐いたすぐさま胸いっぱいを吸おう。そしたらそれは深呼吸に変わる
チッと舌打ちしたり、舌打ちする人が近くにいたら、すかさずチキチーと続けてサムアップ。そしたらちょっとくだらなくて笑える。

ろうそく一つで過ごすのも悪くない。
節電で街灯や看板があかりが灯ってないのに、逆に温かく感じる。
ここは毛布にくるまってれば全然寒くないし、暖房はいらない。

遠くて直接手を貸せないけど、精一杯の愛をこめて。



僅かばかりですが岩手県災害義援金募集委員会に募金をしました。
[PR]
by natsuko419 | 2011-03-18 19:36 | Daily Life
3/13の状況
a0086995_18164184.jpg


盛岡市に住む家族は全員無事でした。3/11に夜遅く母との携帯がつながり妹の声も聞けました。
その日は私も会社にて一夜を過ごし、翌朝本数を減らした京急と都営線と東京メトロを使いなんとか自宅へつきました。とくに壊れたものも無く、ちゃんと暮らせています。

私の無事は災害伝言板にのせたのですが、家族は災害伝言板の仕組みを理解していません。私のメッセージを確認したのみで、リアクションが帰ってこず。あの仕組みは相手がメッセージを見たら合図が来るとかしてほしいものだなあと思いました。

盛岡の友人の状況がtwitterなどで確認できるのは本当に助かります。

地震の傷が癒えるまで、途方も無く長い時間が掛かるけれど、みんながんばりましょう。
こういう時に自分が何をすべきか、何が出来るか、まだ模索中です。
さっきT-point募金で募金しました。


ちなみに日本赤十字は義援金についてもボランティアについても調整中だそうです。
[PR]
by natsuko419 | 2011-03-13 19:04 | Daily Life
タマゴマウス
a0086995_19131089.jpg

Egg Mouse Mini


ミニサイズも出てよりタマゴ具合が増しました。
マットな白い塗装の質感もタマゴの殻にそっくりにしてあって、コロコロする中央部かちょっとみえる中身は黄身色です。
そしてパッケージもタマゴ度がたかまりました。あ、このタマゴトレーみたいなところ芸が細かう打ていいなあ。と思って買ったのですが、が、マウスの位置ずれを防ぐために留めているのが「結束コード」ですっごい取りにくいです!普通に針金の奴でネジねじしてほしかったです。(ここだけはかなり残念ポイント)



手の小さいわたくしにとっては握りやすいです。動かした感じも軽めでスイーっとしてます。マウスにそこそこのずっしり感があって手のひらを乗せるようなのが好みのひとにはおすすめではないですな。

a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2011-03-06 19:25 | Shopping
亀倉雄策賞の作家たち1999-2010 
a0086995_15242663.jpg


クリエイションギャラリーG8
亀倉雄策賞の作家たち1999-2010 
2011年2月22日(火)~ 3月25日(金)


<亀倉雄策賞 11名>
第 1 回 田中一光 「サルヴァトーレ・フェラガモ展:華麗なる靴」ポスターほか
第 2 回 永井一正 個展「Life」ポスター
第 3 回 原研哉 『紙とデザイン』ブックデザイン
第 4 回 佐藤可士和 CD「Smap」発売告知ポスター
第 5 回 仲條正義 個展「仲條のフジのヤマイ」ポスター
第 6 回 服部一成 『流行通信』ブックデザイン
第 7 回 勝井三雄 作品集「視覚の地平 visionary ∞ scape」ポスター
第 8 回 該当作品なし
第 9 回 松永真 「ISSIMBOW “Katachi-koh”」パッケージ
第10回 佐藤卓 21_21 DESIGN SIGHT 企画展「water」VI、ポスター、会場デザイン
第11回 植原亮輔 「THEATRE PRODUCTS」グラフィックツール
第12回 浅葉克己 「ミサワ デザイン2009 バウハウス」ポスター

<亀倉雄策国際賞 4名>
第 1 回 ブルーノ・モングッツィ 「FRAGILE 展」「カントナーレ美術館」ポスター
第 2 回 CCCP グラフィック研究所 ドクター・ペッシェ&マドモアゼル・ローズ 「オルレアン国立劇場」公演告知ポスター
第 3 回 ヴィエスワフ・ロソハ 「殺してはならない」ポスター
第 4 回 ウラジミール・チャイカ 「フリーダ・カーロ+ディエゴ・リベラ=100年の愛」ポスター

蒼々たる面々のポスターが壁一面に。
ポスターっていうのは開催期間とか広告契約が過ぎたらまず目にすることが出来ませんからね。
こうして並ぶと「ああ。そうだった。このときはこういうのやってたなあ」とフラッシュバックします。

最近の東京の大きい駅はデジタルサイネージも普及しだしていて、「動く広告」「見た人のデータが取れる広告」というのが盛り上がっています。
それでもポスターの定点的な価値っていうのは無くならないように思えます。
不動のB0のなかに、これだけのダイナミズムや広がる静けさが生まれるなんてっ。


銀座にはこういう無料で見られるギャラリーが豊富ですごく勉強になります。
美術館のように企画ごとの図録とかがないのはちょっと残念ですけれど。


a0086995_22381560.gifRankingよろしくどうぞ
[PR]
by natsuko419 | 2011-03-05 15:40 | Design and Art