ブログトップ
Indigo Idea
indigoidea.exblog.jp
<   2012年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
沼地のある森を抜けて




久しぶりに、梨木香歩の物語を読んだ。
一言でいうと、ぬか床と沼地が融合するという。
何とも説明つけにくい話。
酵母と細胞がからみあう、ミクロの宇宙な展開。


生まれ続けること、育まれること、命を宿すこと
その紙一重で起きる死を「忌むもの、怖いこと」じゃなく
環の一部に表現出来る、梨木香歩の不思議。
「西の魔女が死んだ」や「りかさん」などに比べると、好き嫌いは別れそうな一冊。

前の週に梨木香歩の随筆「水辺にて」を読んでいてアザラシや腐葉土の話もチラっと出ていたかと。
創作活動中の興味が如実で、バラバラに散らばったそれらが、物語に精製していくのがあらわになる人だと思う。
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-11 17:10 | Book
embody 夢をかたちにするひと
a0086995_18114852.jpg


郡山の二日目は藤村智史さんのインストライブ。
購入した「めぐりくる朝」のブックレットにサインしてもらった。日本武道館ライブ実現の予約チケットも一緒に配られていて心意気がつたわる!


ブログタイトルのembodyという動詞最近知って、気に入っている単語。
【動詞】〈思想・感情などを〉具体的に表現する,具体化する; 体現する.
ほんとに見たままの意味の単語なんだけれど。

夢とか理想とか将来っていうフワフワしたものに、体をもたす。
自分の頭と心にるものが、どれだけ行動にあらわれて、実を結ぶのか。
逆に具体化するには、理想や妄想や夢がないと、吹きこむ命がないのと一緒だな。
ライブを聴いていて、そう思った。

4曲目の作詞にかかわった同居人は、夢の一部がようやく手にふれに目に触れる形になったのだし、感慨はひとしおだったのだろうと思う。


余談
ショッピングモールに観覧車があるなんて。北上のアメリカンワールドみたいだ。(岩手ネタ)
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-08 17:59 | Music
郡山市立美術館に。
a0086995_22573678.jpg


郡山市立美術館に行ってきました。

門を潜ると、ソーラー発電式の線量計が。安全確認のためとはいえ、人生初の光景で少し戸惑う。

ちょうど企画展は展示替えで、常設展のみ見学です。ほとんど貸切で見ることができて、かなり贅沢な時間。
彫刻エリアは、自然光とガラスの向こうの林や池も見られて開放感があって気に入った。
この日は風で雪がワーッと舞う天気で、冬枯れの木と熊笹がザワザワ揺れている景色。
自分の音しかしない美術館で時間が止まったみたい。」

館内にあるカフェ「JUJU 130 cafe」は4/5にオープンしたばかりで、カフェもほぼ貸切。
久々にデザートプレートを食す。
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-07 22:55 | Design and Art
さくらも咲いたし、国立近代美術館工芸館に。
a0086995_17574258.jpg

千鳥ヶ淵からお堀沿いに散歩。
首都高と皇居とランナーと見物客がいりみだれり。
満開にはまだ数日なので、本格花見はいないので歩きやすい。

国立近代美術館 工芸館
自分の中で、工芸熱がふつふつ。
ジャクソンポロックに行かず、和でキメ込む。

「織」を極める 人間国宝 北村武資
Kitamura Takeshi Master of Contemporary Weaving

人間国宝・巨匠コーナー
Works of Living National Treasures and Great Masters

展示は小ぶりで落ち着いた展示。
織の文様は光の当たり方、透け具合、見る距離でどんどん印象が変わる。
これぞ日本の美意識。一枚の布でも変幻する。
身にまとう時にはもっと複雑に組みあわされる。
[PR]
by natsuko419 | 2012-04-01 18:19 | Design and Art